タグ: 今井哲也

メイドインアビス41話感想「成れ果てと価値と姫とアンソロ」

ずいぶん先だなーと思っていた7月も、あっという間に1か月ちょっとというところまで近づいてきました。
メイドインアビスのアニメの話ね。
今期はアリスと蔵六、来期はメイドインアビスと大好きなマンガが連続でアニメ化していて、なんだろう、今年はわくわくが止まらんですよ。
6月にある第一話の先行上映も行きたいなー。
しかしチケットの販売開始日がデレマス5thの石川公演の夜か…こいつは過酷だな…ブツブツ
とかなんとかいってたらメイドインアビス最新41話の更新が来ましたよ。
http://mangalifewin.takeshobo.co.jp/rensai/madeinabyss/
最近更新間隔が空き気味だったのもあって油断してました。
それではそれでは、本編感想いってみましょう。
前話はメイニャが変形するほどいじられるという、またもや不穏な引きだったので、さてさて今回どうなることやら・・・

“メイドインアビス41話感想「成れ果てと価値と姫とアンソロ」” の続きを読む

アリスと蔵六8巻感想「家族と人間の話」

放送中のアリスと蔵六のアニメがとてもとてもよいのです。
オリジナルの展開を加えながら丁寧に丁寧に物語を紡いでいるのが、原作ファンとして実にうれしい。
そしてなにより声優陣の演技が本当に素晴らしくって。
もう紗名と蔵六はあの声しか考えられなくなってしまったし、W大塚のベテラン同士による掛け合いは惚れ惚れするね。
なにより、大塚明夫ボイスがあそこまで蔵六にがっつりはまるとは、もう恐れ入った。
俺も蔵六に叱られたい。
2017051601
あの声で原作でもトップクラスに好きなこのシーンの台詞が聞けた回は、まあ見ながらボロボロ泣きましたとも。
しかもEDテーマはこれまた大好きなコトリンゴ姉さんが歌ってて(はやく音源がほしいんじゃ!)これがまた最高の曲なんですわ。
こちらのPVで流れてる曲です。

もうあれこれいろいろと当初以上に期待を超えてくれていて、今のところ大満足も大満足です。

さて、そんな感じでアニメも絶好調の折、単行本最新8巻が発売されました。
アリスと蔵六 8 (リュウコミックス)
今井哲也
徳間書店 (2017-05-13)
売り上げランキング: 411
表紙を開いてすぐのカラーページがまた素晴らしいんだ。
前回で男の子版紗名であり赤の王、「キング」との戦いはひとまず一段落し、この巻からまた新しい話になります。
が、とにかくこの8巻、内容がめちゃくちゃ濃かった!
時系列も入り乱れながらあちこちでいろんなことが起きたり新しい情報があったりで、でも一巻通してだと非常にするりと読めるという不思議。
これぞ構成の妙ですわ。
しかもこうしたあれこれも全体的に関連性のありそうな事柄ばかりなので、この章が一つのゴールに向かっているであろうことは明白。
そんなわけで色々あった8巻の中から気になった部分と、それらの関連性となりそうな部分をつついていきたいと思います。
ガンガンネタバレするのでこの先注意!

“アリスと蔵六8巻感想「家族と人間の話」” の続きを読む

「メイドインアビス」と「アリスと蔵六」の話

メイドインアビスがアニメ化!!!!

2016年は個人的にもいいことがたくさんあって、とても良い年だったなあと振り返り始めた矢先にこのニュースですよ。
しかしまあ、とにかくこのマンガが面白いのだと周りに布教し続けてきましたが、いよいよ来てしまいましたね。
気持ちとしてはうれしいのと同時に果たしてこの作品を地上波で放映しても大丈夫なのか?!という不安がものすごい。
アニメ公式ページのコメントを見る限り、絵コンテ時点でつくし卿ご自身のお墨付きですからもう期待と不安が入り混じった思いですよ。
もちろんいい意味での不安ね!

監督は「描かれている事はやるよ」と仰ってくれました。
険しきを冒すとはこのことかと驚きましたが、
本当に凄い質の絵コンテが上がってきています。

さて、アニメ化の発表とほぼ時を同じくして単行本最新刊であるところの5巻が発売されました。
メイドインアビス 5 (バンブーコミックス)
つくしあきひと
竹書房 (2016-12-26)
売り上げランキング: 104
今回の表紙の味わい深さときたら・・・ちょっと言葉になりません。
この光の淡さ加減、きっとプルシュカの中での「夜明け」のイメージなんだろうなぁーとか妄想してみる。
だって裏表紙には・・・
そんなわけでメイドインアビス5巻の内容についてはすでにさんざっぱら語ったので、今回の記事はタイトル通り別のマンガ「アリスと蔵六」という作品についてです。
アリスと蔵六 1 (リュウコミックス)
今井哲也
徳間書店 (2013-03-30)
売り上げランキング: 77,314

“「メイドインアビス」と「アリスと蔵六」の話” の続きを読む