タグ: シューダン!

シューダン!第2話感想「思春期男子とサッカー少女」

ジャンプ新連載「シューダン!」第二話も安定の面白さでした。
この調子で毎週感想書かされちゃうんじゃないかなー
べた褒めの第一話感想はこちらから↓
横田卓馬先生の新作「シューダン!」ちょっと半端じゃない
今週はまずね、扉絵が強いの。
2017061901
良さ
はい優勝。
問答無用で可愛い。
今朝電車の中でこの扉絵を見ながらそわそわするおっさんを見かけた方、それ私です。
もしくは同胞です。
よう兄弟仲良くしようや。

“シューダン!第2話感想「思春期男子とサッカー少女」” の続きを読む

横田卓馬先生の新作「シューダン!」ちょっと半端じゃない

今週のジャンプ新連載でついにお待ちかねの作品がやってまいりました。
横田卓馬先生の新作サッカーマンガ「シューダン!」です。
Screenshot_20170615-225215
いやー前作「背すじをピン!と」の完結からあまりにも早い帰還でさすが横田先生マンガを愛しマンガに愛された男・・・って
オイオイ、ちょっと待っておくれ。
歴戦のジャンプ読者の胸に深く刻まれている言葉の一つに
「ジャンプのサッカーマンガは短命に終わる」
というものがあります。
それこそ特大の金字塔としてキャプテン翼という作品があるわけですが、少なくとも自分が読み始めてからのジャンプにおいて、満足いく形で完結を迎えたサッカーマンガはなかなか記憶にありません。
そこにあえて挑んでいくのか、横田先生。
「背すじをピン!と」が見事な名作だったわけだし、横田先生のことは非常に信頼しているけど、でも前作の終了からこの短いスパンでしかもサッカーマンガってことでさすがに読む前は不安がよぎったわけですよ。
いやいや、でも万が一のことも・・・
今週はそんな気持ちで心してジャンプを開いたのです。
で、読後。
前回の記事で、

マンガの第一話を読んだ瞬間に有無を言わせずにただただ圧倒されるような作品に出会えることって稀です。
高校生の頃からずーっと読み続けているジャンプであっても、そこまでの作品はほぼないといっていいかもしれません。

などと書いたばかりだったんですが。

「シューダン!」圧巻の第一話でした。
ちょっとでも疑って横田先生マジですみませんでした。
やられたよマジかよなんだこりゃすげえや超面白い
いやーなにこれクッソ面白い。
なんでこんなマンガ描けるの?
恐ろしい。
横田卓馬という才能が本当に恐ろしい。
この第一話は事件ですよ。

“横田卓馬先生の新作「シューダン!」ちょっと半端じゃない” の続きを読む