カテゴリー: アニメ

「この世界の片隅に」についてもうだらだらと垂れ流すだけの記事

感想第三弾。
まだ書くか!って感じですが、3回の鑑賞を経て少し時間がたち、いろんなインタビュー記事や考察感想を読み、いろいろと思うところがあったので再び筆を執りました。
今回は思いつくままにいつも以上に雑多な感じでお届けします。

“「この世界の片隅に」についてもうだらだらと垂れ流すだけの記事” の続きを読む

感情が動かされるということ「この世界の片隅に」感想その2

まさか二つ目の感想を書くことになるとは。
というか気づいたらパソコンの電源入れていました。
先日観終わった直後は、もう感情が荒ぶる一方で全くコントロールできなくなってたんですが。
ちょっとずつ冷静になってきて(まだ完全にはなれていない)、もう少しまともな感想と分析ができるかなと。
そうそう、原作マンガを読みました。
そしてやっぱり泣いてました。
この世界の片隅に : 上 (アクションコミックス)
双葉社 (2012-09-07)
売り上げランキング: 17
でも、読んでみて改めて、何がそんなに泣けるのか、いまいちよくわからなくて。
また例によって書きながら整理してみようと思います。
そんなわけで前回の記事の補足的な感想です。

“感情が動かされるということ「この世界の片隅に」感想その2” の続きを読む

「この世界の片隅に」劇場版は文句のつけようがない大傑作


間違いなく大傑作。
こうの史代先生原作のマンガ「この世界の片隅に」の劇場版が公開され、ガルパンでおなじみの立川シネマシティで観てきました。
実はこの作品、今年一番楽しみにしていた映画なんです。
クラウドファウンディングでものすごい金額を集めたことが話題となったりとか、シネマシティが異例の大プッシュをしていたりとか、色々と理由はあるんですが、一番大きいのは監督と音楽。
「マイマイ新子と千年の魔法」という映画がありまして。
マイマイ新子と千年の魔法 [DVD]
エイベックス・ピクチャーズ (2010-07-23)
売り上げランキング: 8,351
これもとってもとっても大好きな映画なんですが、「この世界」の監督がこの作品の片渕須直監督であるということ、そして劇版が同じくマイマイ新子で主題歌を歌ったコトリンゴと知って。
そしてその上でこの予告編を見て、これはもう間違いがないと。

ちなみにこのブログのタイトルもKIRINJIのコトリンゴ姉さんの曲から拝借してます。

“「この世界の片隅に」劇場版は文句のつけようがない大傑作” の続きを読む

「君の名は。Another Side:Earthbound」を読みました

いやーライブやらなんやらでバタバタしておりました。
ようやく一区切り。ということで。

「君の名は。」の外伝であるAnother Side:Earthboundも読み終えましたので予告通り感想をば。

君の名は。 Another Side:Earthbound (角川スニーカー文庫)

君の名は。 Another Side:Earthbound (角川スニーカー文庫)

posted with amazlet at 16.10.17

加納 新太
KADOKAWA/角川書店 (2016-07-30)
売り上げランキング: 3

たぶんこれで「君の名は。」に関するエントリは最後でしょう。
しかしまあ見事にドハマりしてしまいました。
まさか小説版も網羅して全部に感想記事を書くことになるとは。
今回の外伝も結局2日くらいで一気に読み終えてしまったし。

やはり売れる作品ってのはそれだけの熱量があるってことですな。

あ、ちなみにマンガ版には手を伸ばす予定はありません。

マンガレビューブログなのになぜ?と思うかもしれませんが、メディアミックス(特に映画原作もの)のコミカライズってなんか苦手で…
それはさておき早速感想行きます。

“「君の名は。Another Side:Earthbound」を読みました” の続きを読む

「君の名は。」を読みました

「君の名は。」を観て呼び起された、あまりにも複雑な感情に眠れなくなってしまった日曜から5日。
購入した小説版はその日のうちに読み終わり。
ふとフラッシュバック的に思い出しては仕事が手につかなくなる瞬間が何度も訪れ。
この一週間本当に振り回されました。
前回のエントリは今までで一番PVよかったよ。
さすがだよアニメ映画興行成績ベスト5は。
というわけで小説版を読んだうえでの追加感想。
今回はそこまで長文にならないだろう(と思う)。
未鑑賞の方はもちろん映画館に行ってから、そして前回の記事を読んでから以降をお読みください。
「君の名は。」を観ました

“「君の名は。」を読みました” の続きを読む

「君の名は。」を観ました

よかった。これは確かによかった。
ヒットするのも文句ない。
王道のストーリーに盤石の作画。
そして神木くんの演技は本当に素晴らしかった。
山や森が良い描き方をされているアニメ映画はそれだけで名作だという持論があるのですが、そういう意味でもばっちり。
しかし、個人的には何かが決定的に腑に落ちなかった。
どうしても最後のシーンまでにカタルシスを感じることができなかったんだ。
ここからはネタバレを含むので未鑑賞の人は是非一度何の先入観もなしに観てほしい。
これはまっさらな気持ちで観て楽しめる作品だと思うから。
とりあえず何が腑に落ちなかったのか、書きながら整理してみようと思う。

“「君の名は。」を観ました” の続きを読む