メイドインアビス49話感想「黄金郷の住人」

更新から少し間が空いてしまいましたがメイドインアビス49話の感想です。
http://mangalifewin.takeshobo.co.jp/rensai/madeinabyss/
前回の48話から始まったヴエコによる過去編もだいぶ盛り上がってまいりました。
ほのぼのエピソードをはさみながらも、いよいよ話が核心へ近づいていますね。
すごい緊張感で読んでて胃がきりきりしてくる…
さあさあ早速振り返ってみましょう。

干渉器と黄金郷の住人

ショウロウ層に足を踏み入れたガンジャ隊一行を迎えたのは、干渉器たちでした。

たくさんの干渉器たちについて触れる前に。

これ。

やっぱりここが何層なのかはよくわからないんですね。
ショウロウ黄金郷とだけ表記され、深界???層とぼかされています。
つまり、ここがリコたちの時代の深界六層と本当に同一の深さなのかはあやふやなまま。
この辺の話は以前の感想でも言及しましたが、やはり奈落の姿自体も変容していると考えるのが自然そうですねえ。
メイドインアビス47話感想「村の秘密はどこまで明かされるのか」
ほんでもって改めて、干渉器の皆さん。
どうしても例のビッグダディショウロウ層の干渉器のサイズ感を先に知っているので、人間とそう変わらないサイズがこんなにたくさんいるのは不思議な感覚。
というか、あのバカでかいショウロウ層の干渉器、今回出てきた中には見当たりませんが…
彼と比べてしまうと、今回出てきた連中に関しては、サイズ感ももちろんのこと。
干渉器といえば原生生物なんてものともしない屈強な機械、という印象でしたけど、この子たちは割とあっさりやられてました。

どうにも干渉器のイメージが違い過ぎる。
時代が違えば機能性も変わってくるってことなんでしょうか。
ん、ということはこの干渉器たち、生産され続けている?
もしくは、今回ものすごい速さでガンジャ隊の言葉を理解したように、干渉器たちが成長している?
どちらにしても何のために??
そうそう、干渉器たち、結局誰が何のために作ったのかっていまだに謎のままなんですよね。
彼ら自身の目的は、以前ショウロウ層の干渉器が語った通りはっきりしています。

「見て」「触れ」「探し」「集める」
「新しい言葉」「新しい外見」

知らないものを探して集める。
「言葉」はともかく「外見」ってのが気になりますが、まぁいったん置いておいて。
まるで探窟家そのもののような行動原理です。
しかし、干渉器は機械です。
何者かが目的をもって上のようなことをさせているはず。
干渉器が出てきた当初は奈落の調査のために誰かが開発したものなのか?程度に考えていましたけど、アビスの存在がまだ伝説であったころから存在するということは、奈落の外側で生まれたものではない可能性が濃厚。
と、なると。
今の時点ではべらぼうに存在感がふわっとしている「黄金郷の住人」なる者たちの手によるのでは?という考えが頭をよぎります。
そう、「黄金郷の住人」
深界六層だったりショウロウ層(念のため分けて表記します)がなぜか廃墟じみている。
つまり人工物の存在を感じる場所である以上、以前から誰かがいたはずなんです。
イルミューイもさらっとこんなことを言っています。

「黄金郷の住人にならう」
つまり、村の文化は「黄金郷の住人」に影響を受けていることが分かります。
そういえば彼女はベラフすら読めない未解読の文字を読み取ることもできました。

これまでの描写から、なんらかの形でこの場所に「黄金郷の住人」が存在していた痕跡が見受けられます。
じゃあその正体がこれから語られるかというと、おそらくヴエコの昔話には出てはこないような気がしています。
この回想が始まる前にこんなモノローグがありましたからね。

「あれがきっと…君が言っていた」
「黄金郷の本当の住人なんだ…」

つまるところ、まだヴエコは伝聞でしかその存在を知らない状態。
実際に彼女が遭遇したことはないようです。
はたして、住人たちは今どこに?
そもそもまだ存在しているのか??

あと、この辺読んでて思ったもう一つ、これは単なる予感なんですが…
そろそろレグの出自が語られる時も近いんじゃないかと思います。
ヴエコがレグをみて「黄金郷の本当の住人」なのではと考えていたり。
そしてレグと干渉器の共通点の多さだったり。
レグの謎はこのマンガの根幹のひとつですけど、そろそろいろんなヒントがちりばめられてきていますし。
ファプタのお話を語る上ではレグの存在が欠かせない以上、いよいよなのでは…

ワズキャンとベラフの立ち回り

特に何か目立った活躍があったわけではないですけど、改めてこの二人について。
知恵を感じた時に使える画像
いやほんと、ワズキャンって全然活躍らしい活躍がない。
なにか大きな決断をしているわけでもなく、ただただ余裕を湛えて皆を煽動するのみ。
もちろん「神がかりの予言者」なんですけど、能力的に頼りにされているというよりは、その言葉を精神的支柱とされている、という感じ。
だからこそベラフは火急の現場にワズキャンを連れて行かずに「構えていてくれ」と留める。

忘れがちですがガンジャって世捨て人たちの集団なわけで、ワズキャンの役割は彼らの心のよりどころとして存在することなんでしょうね。
そこに存在してさえくれればいい。
これまでの感想でワズキャンが何を考えているのかがよくわからない、と書いてきましたけど、実際そこまで色々考えていないのかもしれない。
その一方でベラフがめちゃくちゃ頼もしい。
それこそ相当な知恵者でもあるんでしょうし、緊急事態での動き方とか周囲の人物への気配りとか。
何かにつけて有能すぎるんですよこの爽やかイケメン。

惚れるわ
だからこそ、成れ果てた後のあのベラフと全く結びつかないのが何とも…
どうしたら自らの身体を捧げてまで喫ミーティするやべえヤツになってしまうんだ…
この人に関しては、単に成れ果てるだけではなく、もっとシャレにならない何かが起きそうな予感がしますね。
じゃないとあそこまで精神的にバグらないでしょう…

ヴエコが可愛いなあ

難しいこといっぱい考えてたら疲れたので頭を使わない話をしよう。
これまでのお話でだいぶヴエコのファンになりつつあります。
今回のヴエコは可愛いシーンが多くてよかったですね。

「ふへへぇ……」ってにやけるの可愛い。
直後のイルミューイの返答に「ふっへぇ…!」ってなるのも好き。

あ、あとさ、一番ふへえってなったのがこのコマ。
もう美少女そのものじゃないですか。

お前(ら)がな!

いつも目に光のないことが多い中で貴重なウルウルおめめ。
なんだいこんな顔もするんかいな君は可愛いな。
いや、ベラフじゃないですけど実際魅力的な娘なんだと思いますよ。
みんなの「お世話」もしてるわけだし。
まさかお布団描写がチラリとはいえ本編で出てくるとは思わなかったけど。

さらりと差し込まれたお布団の様子

というか覗いてるんじゃないよイルミューイ。

…もうお話の展開的にこの後かわいそうな目にあうのが分かってるので、今のうちに愛でられるだけ愛でるよ僕は。
はい、頭を使わない話終わり。

いよいよ核心へ

安全と信じていた水に見つかった異変。
そして異形となり事切れた仲間の手で届けられた遺物。

「これが分岐点だった」というヴエコの口ぶりからして、おそらくこれらが村の仕組みの中核となっていく遺物、もしくはそのきっかけなのでしょうかね。
そういえば、今の成れ果て村では、普通に食堂が開ける程度には飲食の問題は解決しています。
あの透明な生き物?卵?を制御する術をなにかしらの形で見つけてるってことですよねえ…

イルミューイとの間に暖かな絆も生まれ、いよいよもってその時が近づいている雰囲気。
「やだ…もう…すてられるの…」と泣きつくイルミューイ。
この後に起こるであろうことを考えると…
うう…

気になる続きは年内に更新があるとつくし先生から宣言されているので、心してその日を待ちましょう…


そういえば年始には待ちに待った劇場版も公開されますね。
メイドインアビス 劇場版総集編
自分も前編、後編それぞれの初日舞台挨拶会に行ってきます。
舞台挨拶ももちろんですが、あのアニメを映画館の音響とでかいスクリーンで浴びられるのが今からめちゃくちゃ楽しみです。
アニメ版は未視聴という方はもちろん。
テレビや配信で見た方も、総集編だからと言わずにぜひとも劇場でアビスを体験してほしいと思います。
最後はなんか宣伝みたいになっちゃいましたけど、この劇場版でどんだけ興行収入上がるかがアニメ続編に影響すると思ってるんで。
マジで見に行きましょう。行け。
上映は年始の2週間ずつと、とても短い期間なのでお忘れなく。
メイドインアビス 1 (バンブーコミックス)
つくし あきひと
竹書房 (2013-07-31)
売り上げランキング: 7,888
メイドインアビス 2 (バンブーコミックス)
つくしあきひと
竹書房 (2014-06-30)
売り上げランキング: 9,296
メイドインアビス 3 (バンブーコミックス)
つくし あきひと
竹書房 (2015-06-20)
売り上げランキング: 9,157
メイドインアビス 4 (バンブーコミックス)
つくし あきひと
竹書房 (2016-04-30)
売り上げランキング: 6,839
メイドインアビス 5 (バンブーコミックス)
つくしあきひと
竹書房 (2016-12-26)
売り上げランキング: 6,532
メイドインアビス 6 (バンブーコミックス)
つくしあきひと
竹書房 (2017-07-29)
売り上げランキング: 6,926
メイドインアビス 7 (バンブーコミックス)
つくし あきひと
竹書房 (2018-07-27)
売り上げランキング: 3,362
メイドインアビス Blu-ray BOX 上巻
KADOKAWA メディアファクトリー (2017-10-25)
売り上げランキング: 10,590
メイドインアビス Blu-ray BOX 下巻
KADOKAWA メディアファクトリー (2017-12-22)
売り上げランキング: 10,351

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中