2016年のマンガ読み残しを取り戻せ!

先日2016年の印象に残ったマンガをまとめて記事にしたところですが、どうにもいろいろと世間で評価されているマンガを取りこぼしてきたなあという心残りがありました。
そんな気持ちで先日俺マン2016の発表を配信で見まして。
(俺マンについてはこちら参照→俺マンについて
ま、平たく言ってしまえば一般人がゆるーいルールの元、Twitterで参加できるマンガランキングです。
なんなら2016年に発売されたマンガでなくてもいいし、同人誌までOKです。
今年は自分も投票してみまして、こんな内容でした。

んで、肝心の結果の方は、まあ上のリンクから見てもらうとして。
配信を見てたらうわーってなって一気にいろいろ買ってきました。
だってマンガ好きな人たちが楽しそうにマンガの話してたらめっちゃ読みたくなるじゃん?
というわけで、慌てて購入した作品たちをさらっとご紹介。
ラインナップはこんな感じ。

  • 金の国 水の国/岩本ナオ
  • 兎が二匹/山うた
  • 春の呪い/小西明日翔
  • レイリ/原作:岩明均・漫画:室井大資
  • コオリオニ/梶本レイカ

今回は女性向けが多めですかね。
一つはガチのBLだし。ゆうだいさんついにBLデビュー!
でも先に書いとくとそりゃもう当然のごとく全部面白かったよ。
それでは早速行ってみましょう。


■金の国 水の国/岩本ナオ
とてもとても優しい世界の、大人のためのおとぎ話。
このマンガがすごい!オンナ編で1位を取っているので、いまさら自分なんかが紹介するまでもないですかね。
ちなみに俺マンでは3位とさすがの順位。
自分はいわゆる「少女マンガ」みたいなものもある程度抵抗なく読めるんですけど、恋愛マンガって、こう、明らかに美男美女なキャラが主人公で当たり前みたいな。
いや、それはそれでいいというか、それでこそ読んでてヴィジュアル的に楽しめる部分もありますし。
…えー本筋に戻りますね。
何が言いたいかというと、このマンガはそういうキャラクターデザインでの可愛さ・かっこよさではなく、一つのおとぎ話の主人公としての可愛さ、かっこよさが非常に魅力的だったんですよ。
正直言って主人公の男女二人は記号的な可愛さかっこよさがあるかというと「うーん…」となってしまうタイプ。
でもこのお話には、それでもこの二人を素直に応援したくなる、単なる見た目ではないキャラクターとしての魅力が詰まっていました。
そしてお話もさることながら二人を実に魅力的に描く絵の力よ!
世間での高評価も納得の名作でした。

■兎が二匹/山うた
不老不死の女性と彼女を愛した青年の純愛を、コメディを交えつつ切なく描いた傑作も傑作。
このマンガがすごい!オトコ編で9位を取っているので、いまさら自分なんかが(以下略)
俺マンでも5位を獲得。
絵柄も世界観もキャラクターも、とにかく何もかもがドツボでした。
今回読んだ中では一番響いたなぁ。
登場人物みんながステキな、とてもとても優しい世界なのに、ただストーリーだけが冷徹。
しかも個人的に最近触れたある作品、っていうかぶっちゃけちゃうと「この世界の片隅に」と一部リンクする部分があって、特に2巻の内容が…
…っと、この作品については(俺マンでも言ってたけど)何を書いてもネタバレにしかならないので、この辺で。
まっさらな何の先入観もない状態で読んでいただきたい。
全2巻で完結しているので未読の方はぜひ。買いましょう。

■春の呪い/小西明日翔
婚約者の姉が、婚約相手の男性と付き合い、お互いの罪悪感と向き合う恋愛マンガ。
このマンガがすごい!オンナ編で2位を(以下略)
…やっぱ面白いマンガはちゃんと評価されるんだな。俺マンでも12位でしたね。
テーマ的に重い内容ながら、コミカルな話もあって読みやすく、それでもお互いの罪悪感と、「呪い」とどう向き合っていくのかをきれいに全2巻で描き切ってます。
このマンガで個人的に好きだったのは、主人公の二人となくなってしまった妹の話で完結させず、ちゃんと家族たちの話が描かれていること。
まあお話の主軸が「家と家との政略的な婚約」にもとづくからってのはあるんだけど、その部分があってこそ夏美と冬吾の葛藤にリアリティがあるし、物語の説得力が強まったように感じました。
最終的に俺が一番感情移入したの春と夏美のおかあさんだからね。
特に最後のおかあさんのセリフ(P164)には泣かされたよ。
恋愛モノでありながら家族を描いたマンガなんじゃないかな?とも思います。
そういう意味でも傑作。

■レイリ/原作:岩明均・漫画:室井大資
めちゃくちゃ面白い。なんだこれは!
岩明均×室井大資というまさかのタッグで話題にはなっていましたが、実際読まないとわからんもんですね。ここまで面白いとは!
一応これから多少レビューするけど、いいから上のリンクを踏んでさっさと買って読んで!お願い!
…ええと、一応レビューね。
時代は戦国時代。
武田家にかくまわれた少女レイリが主人公。
戦国モノで女の子主人公というのはなかなかめずらしいですが、このレイリちゃん、剣術がめちゃくちゃ強い。
サシでは小山城内の男たちが誰も勝てないほどの強さを持ちながら、性別を理由に戦場へは行かせてもらえず、同時に戦場へのあこがれが強すぎて狂戦士と化しています。
ちゃんと年相応に可愛いんだけどね。
そんなレイリが土屋惣三にとある才能を見出されて…というところまでが2巻。
まだ、物語としては序章に過ぎないのですが、この時点でもう傑作が約束されている!
もう何を説明するのも今更野暮だしちょっと今更感がぬぐえないので個人的な感想をば。
戦国時代ものって一つのハードルがあって、「そもそも戦国時代が好きかどうか」ってのはひとつポイントになると思うんですよ。
そういう点からするとこの作品は、「戦国時代がどうとかいいから読め。でも戦国時代好きならなおのこと読め!」って感じです。
単純に登場人物の歴史的背景がよくわからなくても十二分にストーリーとキャラクターが面白いし、わかっていればなおのこと。
岡部丹波守元信とかめちゃくちゃかっこいいおじさまで、いいぞ。
いうほど自分も戦国時代詳しくはないですけど、そういう部分を超越した面白さがここにある。
もうとにかく早く続きが読みたい!!

■コオリオニ/梶本レイカ
まさかBLに手を出す日が来るとは…お父さんお母さん僕もついに腐ってしまいました。
しかししかし、俺マンではなんと堂々の第1位!
しかもこのマンガがすごい!オトコ編で2位を獲得した「私の少年」と同率一位でした。
なんとBL作品が!?と驚いたもんですが、俺マン配信の中で「BANANA FISH(吉田秋生)にも通じる部分が…」という解説があったので意を決して購入。
何を隠そう、母親の影響で吉田秋生作品のファンでして、特にBANANA FISHは大好きなんですよ。
そういう説明をされたらそりゃBLであっても読まざるを得ない!
初のBLというのもあってドキドキしながら読んでみると、これはなんだ、ものすごいものを読まされたぞ。
これは決して男同士の絡み描写がどうこうということではなく(いや、実際本番描写もすごいんだけどさ)、シンプルにマンガとしてとにかくものすごい。壮絶に重い。
ざっくりとしたあらすじは、警察のおっさんとヤクザの若者が、それぞれの組織の汚れきった内部事情の中で、でもそれ以上に狂ってしまっている二人が癒しを求めながらさらに壊れていく…というようなお話。
少女マンガという枠組みの中でハードボイルドな世界観を見事に描き切ったBANANA FISHにも確かに通じる部分はありましたが、ストーリーのエグさやハードさは同作をも上回る印象。
男と男のハードな世界でのご都合主義なんてクソくらえ!
BANANA FISHを読んだことがある方向けの説明になっちゃうけど、今作の主人公二人の関係性はアッシュと英二の間のそれにも似つつ、でも彼らほど大人になれず、お互いの人として欠けてしまっている部分を互いの癒しとして求めてしまっていて…あぁ切ないなぁ。
これ読んでからだと本当にアッシュと英二は大人に思える。あいつら20前後のくせに。
テンプレみたいな宣伝になっちゃうけど、ガンガン(当然男同士で)ヤるし、ガンガン人が死にますがその辺に抵抗がなければ是非読むべき。
…なんだけどこの作品もともとBL作品で刷数が少ないこともあって、都内でもほとんど売り切れ状態。
Amazonでも中古にめっちゃ高額がついてました。
俺マンの発表会場にもなった高円寺の文禄堂が俺マンをきっかけに大量入荷していて、自分もそこで購入しましたが、いつまで在庫が残っているかわかりません。
気になった方はお早めに。

これで2016年のマンガに読み残しなし…?

すごいよ、全部めっちゃ面白かった!
さすがはマンガ読みたちが薦めるマンガ、今回読むきっかけを得られて良かった。
ありがとう俺マンの人たち…!
でもまだいくつか買えてない作品(「ミッドナイトブルー」とか「私の少年」あたり)もあるので、またちまちまと読んではtwitterあたりで感想垂れ流します。
そしてそして。
実はもう一作、俺マンで紹介されてて買ったマンガがあるんですが、それは後程別記事で上げます。
なにしろ単行本が発売されたのが今年の1/12でちいとも2016年の読み残しではないので。
でも、めっちゃ面白かったのでこれは記事を書かねばとなった次第。
詳しくはそちらで・・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中