メイドインアビス38話感想「黎明卿について振り返る」

過去最大級の度し難さだった前回から割と早いタイミングで38話が更新されました。
レグにどさくさに紛れてセクハラされるナナチは可愛いですね。
2016-11-10
今回もがっつりネタバレ&考察に入るのでまずは本編を読んでからどうぞ。
http://mangalifewin.takeshobo.co.jp/rensai/madeinabyss/

決着!そして・・・

ついについに、つらく長かったボンドルドとの戦いが決着…!
失ったものはあまりにも大きかったのですが、結果的にリコ自身の白笛を手に入れるという、皮肉にも大成果を上げることとなりました。
2016-11-11
命を響く石(ユアワース)の研究の過程で生まれたという「カートリッジ」でしたが、本当に命を響く石に成ってしまうとは・・・。
使用者に全てを捧げる確固たる意志が必要とされるとのことでしたが、前話で語られたようにそれだけ「一緒に旅をしたい」というプルシュカの「憧れ」は強かったのでしょう。
つらいけどこれでやっと一緒に探検ができるね・・・。

結局、黎明卿は何がしたかったのか

さて、ここまでの話でとんでもないインパクトを残していった黎明卿について改めて振り返ろうと思います。
とにかく倫理とか人間性とか、そういったものは完全にぶっ壊れていましたが、彼のスタンスは最後まで全くぶれずにいました。
アビスに夜明けをもたらす
どこまでも非人道的な実験を繰り返していたボンドルドですが、夜明けを見る、そのためだけに全てを捧げているような節がありました。
プルシュカの名前の意味も「夜明けの花」でしたし。
今回の戦いでは大きな痛手を負ったにもかかわらず、結果的に自らを上回った彼らが先へ進むことに喜びを覚えるかのようなセリフ。
2016-11-10-1
そこには負け惜しみのような感情は一切見えてきません(そもそも人間らしい感情があるのかはさておき)
これだけやられてなお、この態度というのは目的のためなら手段を選ばない究極系と言っていいかもしれません。

「アビスの夜明け」と「二千年」

ではそもそも黎明卿が目指したアビスの夜明けとは何なのか?
そこを考察するうえでボンドルドが言っていたひとつのセリフが引っ掛かります。
2016-11-10-5
この次の二千年というキーワードが果たして何を意味するのか?
実はこの「二千年」という言葉は、本編以外のところで執拗に語られています。
割と初期に出てきた、二千年前の遺骨であるといわれるお祈りガイコツです。
2016-11-10-6
単行本に収録されていない幕間2および3では、お祈りガイコツは四千年前、さらには六千年前のものまで、なぜかきっちり二千年周期で大量に見つかっているという話がでてきます。
その上さらに、誕生日ちょうどに子供が死ぬというアビス周辺にしか存在しない奇病との関連性もささやかれています。
幕間3でのオーゼンのセリフがとても意味深長です。
2016-11-10-8
2016-11-10-7
 
そして何よりも、「お祈り」といえば祈手(アンブラハンズ)ですし、黎明卿の白笛はまさにお祈りガイコツの手そのものをかたどっていました。
2016-11-11 (1).png
はたしてアビスでは二千年毎に何が起こっているのか。
そして黎明卿はいったいどこまでを知っていたのか。
「祝福」を受けたことで「次の二千年へ踏み入るための準備が整った」とは、どういうことだったのか。
物語としては深界六層への鍵を手に入れ、冒険が進んでいるようではあるのですが、その裏に潜む謎が深まっていくばかりです。
というかどれだけ深い設定が練られているのか、より一層つくし卿の底が知れなくなったというか。
まさにアビスのよう。
うーん、ますますこれからの展開がさらに目が離せなくなってきました。
とりあえずまずは今回までの話がまとまった5巻の発売を全裸待機!!
メイドインアビス 5 (バンブーコミックス)
つくしあきひと
竹書房 (2016-12-26)
売り上げランキング: 706

メイドインアビス38話感想「黎明卿について振り返る」” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中